アクセラレータプログラム

スタートアップのバリューアップを短期間で目指すプログラム。 ビジネスの拡大に焦点を当てている。 専門知識を持つメンターやベンチャーキャピタリストがアドバイザーとして参加され、場合によっては出資の決定まで行われる。

アーリーアダプター

初期採用層のこと。 流行に敏感で自ら情報収集を行い判断する人のこと。 市場の13.5%を構成。

アーリーマジョリティ

前期追随層のこと。 商品やサービスを市場に浸透させる役割を担う人のこと。 市場の34.0%を構成。

イグジット

創業者や投資ファンドが株式を売却することで利益を得て投資資金を回収すること。 大きく3つの種類がある。 ・IPO ・M&A ・MBO

イノベーター

革新者のこと。 新商品や新サービスを最も早い段階で受けれる人のこと。 市場の2.5%を構成。

イノベーター理論

新商品や新サービスの市場浸透に関する理論のことで5つに分類される。 ・イノベーター ・アーリーアダプター ・アーリーマジョリティ ・レイトマジョリティ ・ラガード

インキュベーションプログラム

スタートアップのバリューアップを短期間で目指すプログラム。 革新的なアイディアを生み出すことに焦点を当てている。 専門知識を持つメンターやベンチャーキャピタリストがアドバイザーとして参加され、場合によっては出資の決定まで行われる。

エクイティファイナス

新株発行による資金調達すること。 資金調達においては返済義務はないが、株主総会で会社経営に対する発言権を与えることになる。 以下4つの手法がある。 ・公募(時価発行増資) ・株主割当増資 ・第三者割当増資 ・転換社債型新株予約権付社債

エレベーターピッチ

30秒程度でプロダクトの「要点」をプレゼンすること。 エレベータに乗っている短い間にプレゼンすることから生まれた言葉。

エンジェル投資家

個人の資本から投資をしてくれる人。

エンパシーマップ

ペルソナが置かれている状況や感情を理解するために用いられる手法。 ターゲットの分析やマーケティング施策設計において具体的イメージをメンバー間でのペルソナに対する認識ズレを防ぐ。

カスタマージャーニー

ペルソナの行動・思考・感情を時系列で可視化したもの。 タッチポイントを洗い出し、適切な場所・タイミングで情報を伝えるために必要。

資金調達ラウンド

投資家が企業へ投資をするための目安となる考え方。 シード、アーリー、シリーズA、シリーズB、シリーズCと呼称し区別する。 投資家はターゲットとするラウンドを持っており、自身のラウンドからアプローチする投資家を考える必要がある。

ストックオプション

将来的に自社株を購入できる権利のこと。 開業間もないため報酬が与えられない場合に将来の報酬を約束する方法として用いられる。

チャーンレート

解約率のことで顧客維持に関する指標。 計算式:解約率=一定期間で失った顧客数÷期間前総顧客数

デッドファイナンス

金融機関から資金借り入れること。 エクイティファイナンスと異なり、返済義務が生じる。

デューデリジェンス

投資対象となる企業や投資先の価値やリスクなどを調査すること。

トラクション

牽引力のこと。 需要を定量的に表すビジネスにおける重要な指標。

生株

株式を保有すること。 ストックオプションは将来的に株式を購入する権利のことで実態の有無が異なる。

ネットワーキング

異形種交流会のこと。 採用や新たなアイディアが生まれることがある。

バリュエーション

投資の価値計算や事業の経済性評価のこと。

ビジネスモデル

利益を生み出す製品やサービスに関する事業戦略と収益構造を示す用語。 B2B、B2C、D2Cなど取引相手を分類しターゲットを明確にすることで事業の説明をしやすくできる。 https://note.com/tck/n/n95812964bcbb

ピッチ

投資家などにアイデア(プロダクト)を短時間でプレゼンすること。 3分、5分、10分など開催者により時間が異なるため、それぞれのピッチを用意しておくと良い。 ピッチの構成例:https://www.sequoiacap.com/article/writing-a-business-plan/

ピボット

経営の方向転換や路線変更のこと。 考えていたアイディアと異なるアイディアや企画に取り組むことを言う。

ファネル分析

アプリ内でユーザーにしてほしいアクションに至るまでのプロセスの離脱率を把握する分析手法。 ファネルは漏斗という意味で、目的のアクションまでにユーザーが絞り込まれていく様子から呼ばれている。

ファーストペンギン

リスクを恐れずに初めてのことに挑戦するベンチャー精神の持ち主のこと。 天敵がいるかもしれない海へ、最初に飛び込む1羽のペンギンが由来。

フォロー投資家

リードインベスターが参加している企業に出資する投資家のこと。 リードより出資額は少ないがスタートアップを支える重要な存在になる。

ペイン

お金を払っても解決したいこと。ペイン設定が正しくないとプロダクトをローンチしても使われない。

ペルソナ

ターゲットとなる顧客像のこと。 氏名・年齢・居住地・職業・価値観・ライフスタイルなど細かい情報を盛り込むことでより鮮明にできる。

ムーンショット

非常に困難で独創的で実現すれば大きなイノベーションを生む壮大な計画・挑戦・目標のこと。 アポロ計画開始のスピーチでジョン・F・ケネディのスピーチで使われたことが始まり。

ユーザーインサイト

ユーザーの内側に隠れている本音のこと。 優れた商品であってもターゲットユーザーの隠れた本音を的確に捉えなければユーザーには受け入れられない。

ラガード

遅滞層のこと。 保守的・伝統的な人のことで世の中のことに関心が薄く、流行が一般化してから採用する。 市場の16.0%を構成。

リードインベスター

資金調達ラウンドで中心となってくれる存在のこと。 リードインベスターが決まるとフォロー投資家を集めやすくなる。

リーンスタートアップ

最低限の製品・サービス・機能を持った試作品を短期間で作り顧客の反応を取得してより満足できる製品・サービス・機能を開発する手法のこと。 起業家エリック・リース氏が提唱した。

レイトマジョリティ

後期追随層のこと。 新製品や新技術の採用には懐疑的で市場に十分浸透してから採用する人のこと。 市場の34.0%を構成。

ローンチ

新しい商品やサービスを世に送り出すこと。